笠井・Diño研究グループでは、物質の諸特性やダイナミクスの理論的研究、およびこの分野で活躍する研究者養成を行っています。

特に、固体表面での励起と反応における量子ダイナミクス、原子架橋、ナノワイヤー、量子ドット、超格子、量子囲い等のナノ物性の解明、制御、デザインを対象として解析的手法や計算物理学的手法を駆使して研究を進めています。

結果は、より広いアプリケーションに適用されます。 例については、燃料電池、スピントロニクス、バイオセンサー、太陽電池、最近そのような光線力学療法と色素細胞のような医療科学のです。

このような研究において、常に物理の精神である普遍性をもとめることを忘れず、地球上の我々を取り巻く自然界で生じる諸現象の理解を深めたいと考えています。


集合写真 2014

左から右の順に以下
front row: Shimizu, Duy, Jeyun, Paulus, Ben, Joaquin, Fadjar, Linh, Assistant Prof. Nakanishi, Abe, Fuji, Matsushita.
2nd row: Kawasaki, Kishida, Mark, Leong, Camacho, Bhume, Robby, Kurokawa, Murayama, Ganes.
3rd row: Wiriya, Nam, Huong, Dr. Susan, Ito, Listra, Sakai, Suwa.

宛名

(英語で) (日本語で)
Kasai-Diño Research Group
Department of Applied Physics
Graduate School of Engineering
Osaka University
2-1 Yamadaoka, Suita,
Osaka 565-0871
Japan
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1
大阪大学大学院
精密科学 ・ 応用物理学専攻
笠井-Diño 研究グループ

電話番号: +81-6-6879-7857
FAX番号: +81-6-6879-7859
Email:  
 

笠井研究室へのアクセス